Androidスマホ機種

【スマホ腱鞘炎の原因】手首が痺れる症状!これで予防するべし!

投稿日:2015年1月16日 更新日:

ども!ロイです。
今回は「スマホ腱鞘炎」についてご紹介しますね。

 

僕も急に手首が痛くなったのです。

それで原因を調べていたら…

「スマホ腱鞘炎」

という聞き捨てならない言葉を
目にしたので、早速調べてみました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

スマホ腱鞘炎で嘆く人たち

 

   

 

 

・・・たしかに

スマホ禁止令を出されると
他にすることが無くなってしまう…

 

スマホ腱鞘炎の原因

1.スマホの使い過ぎ

スマホ依存症という言葉もあるぐらいですから
スマホを使いすぎる人が非常に多いです。
(僕も毎日6時間ぐらい使ってます)

スマホ本体は軽いものですが
ずっと使い続けていると
手首や腕に負担をかけてしまいます。

その結果、腱鞘炎へ…

 

2.スマホを使う態勢や姿勢が悪い

スマホを使うとき、どんな姿勢ですか?

授業中に使う人が多いと
スマホを机の陰に隠すようにして
首を真下に向けて使う姿勢をとってませんか?

2015-01-16_225338

こんなかんじ。

スマホを使うとき、下を向いて使うことが多いでしょう。
そのせいで、首を痛めたり
背筋を痛めたりするケースが多いです。

腰を痛める原因もあるし
首を痛めることで頭痛が発生する場合も。

 

3.パソコンの使い過ぎ

スマホだけじゃなく、パソコンでも同じです。

パソコンを長時間使っていると
変な姿勢のまま維持してしまうので
首や肩、背筋や腰を痛めやすいです。

さらにタイピングやマウスなども使うので
指や手首なども痛めやすくなります。

 

スマホ腱鞘炎の症状

1.手首に激痛が走る

手首というより
親指の付け根部分ですね。

動かすとズキズキ痛むレベルから
少し動かすだけで激痛でになるレベルまで。

手首を軽く動して痛みを感じるのなら
腱鞘炎の可能性が非常に高いです。

 

2.なぜか肘が痛む

肘が痛んだり、
手首から肘の間の腕の筋が痛んだり

そういう痛みが発生した場合
「スマホ肘」の可能性があります。

スマホを使いすぎることで
知らぬ間に肘に負担を欠けているんです。

他にも重たい手提げバックを持ち続けたり
手首や肘に負担をかけ続けることで
肘が腱鞘炎になることがあります。

 

スマホ腱鞘炎を予防する方法

1.簡単ストレッチで予防する

2015-01-16_224759

手首、親指の付け根が痛む場合は
このようにして手首を伸ばすことで
ストレッチをすることができます。

これを毎日10秒伸ばすのを3セットすると良いです。

筋を使いすぎることで炎症を起こしているので
ストレッチをして適度に動かすことが大事です。

いきなり走ったり運動すると
筋肉痛になったりしますよね。

あれと同じです。

いつも使わない部分を使うようになるから
痛みが出てきてしまいます。

なので入念なストレッチを心がけましょう。

 

2.姿勢を正して予防する

なるべく負担をかけないように
痛みが発生しない無理のない姿勢で
スマホを使うようにすれば予防できます。

2015-01-16_225338

こんな姿勢でスマホを使ってませんか?

首、肩、背中、腰、
様々な場所に負担をかける姿勢です。

こんな姿勢でスマホを使い続けていると
手首だけじゃなく、全身に痛みを感じます。

 

2015-01-16_225358

1.頭と肩と背中を一直線上にまっすぐ
2.目線とスマホを同じ高さにする

この姿勢を意識してスマホを使うようにすれば
痛むことなく安全に使うことができます。

スポンサードリンク




スマホ買い替える前に絶対読んで!
⇒【完全版】2017年絶対に失敗しないおすすめAndroidスマホランキング

スマホケースはやっぱり手帳型が一番?
⇒手帳型スマホケース使いにくい?メリットデメリットの調査結果まとめ

スマホケースはやっぱり手帳型が一番?
⇒有線セルカ棒とBluetoothセルカ棒どっちがいい?比較した結果
スポンサードリンク

-Androidスマホ機種