ドコモが運営するdTV。その圧倒的な安さとコンテンツはとても魅力的です。

現在31日間の無料体験期間を設けていて、期間中は無料でdTVのコンテンツが利用できます。

無料体験期間を充分に楽しんだけど、期間がもう少しで終わりそうという時。無料期間が終わってお金がかかってしまう前に退会したいと考える人もいるでしょう。または、すでに月額料金を払って利用しているけど、もう退会したいという場合。

これらの方々のために、今回はdTVを解約・退会する方法を紹介します。同時に、解約する前に注意しておいて欲しいことも記載します。

解約って簡単にできるの?

こういった動画配信サービスの解約は手間がかかりそうなイメージですよね。しかし、解約・退会は簡単に行うことができます。面倒な手続きなどもいりません。

後の項目で解約方法については説明しますね。

dTVのメリット・デメリット

dTVは、NTTdocomoが運営する国内動画配信サービスです。特徴として、動画コンテンツの量と料金の安さが挙げられます。

元はNTTdocomoユーザー限定のサービスでしたが、現在はどなたでも契約し利用できます。

解約する前にもう一度、dTVのいいところを知ってほしいと思います。dTVに加入しているメリットを知らずにすぐ解約してしまうのはもったいないですよね。一方でデメリットもよく知っておくことで、正確な判断もできると考えました。
dTVのメリット・デメリットを以下にいくつか挙げました。

<メリット>
  • 扱っているコンテンツの量がとても多い

dTVで取り扱うコンテンツはとても多いです。
映画、アニメ、バラエティ、ドラマに加え、漫画、カラオケ、ニュースなど様々なコンテンツを扱っています。

メインの動画コンテンツ自体も豊富で、有名で人気な映画などはもちろんのこと、あまり話題にならないマイナーな映画でも取り揃えています。

古い映画も揃っているので、昔の映画を見たいけど中々動画配信サービスにないんだよな・・・という方の悩みも解消できるかもしれません。

さらに、珍しいコンテンツのカラオケ音源を取り扱っています。ジャンルは豊富にあり、家でカラオケをしたい人に持って来いですね。

  • 月額料金の安さ

dTVの月額料金は、500円(税抜)となっています。他の動画配信サービスに比べ、dTVは月額料金が安いです。

安い価格でとても多くのコンテンツを利用できるというところが、dTVの最大のメリットではないでしょうか。

参考として他の動画配信サービスの月額料金を記載しておきます。

他の有料動画配信サービスの月額料金
Hulu:933円/月
U-NEXT:1990円/月
Netflix:650円/950円/1450円
  • オフラインで動画が楽しめる

dTVでは、動画を端末にダウンロードできるので、オフラインでも動画を楽しむことができます。

ストリーミング再生ですと、Wi-Fiや4G回線につながっていないと視聴できませんが、ダウンロードしておけば、いつどこでも動画を視聴することができます。

出先で電波が悪く見れないという状況にもならないので安心ですし、家でWi-Fiの速い通信速度でダウンロードしておけるというのもメリットです。

パソコンでダウンロードボタンをおすと、スマホやタブレットのモバイル端末に自動でダウンロードもしてくれます。

※ただし、全ての動画がダウンロード対応しているわけではありません。

  • 特典が多くある

dTVの会員には様々な特典があります。
最新映画のオンライン試写やdTVプレミアムイベントへの招待、オリジナルグッズなどが当たります。

また、加入期間に応じて会員ランクというものが設定されています。
ランクは4つ設定されていて、加入期間が長くなるほど上のランクに昇格します。

  • ブロンズ会員(初入会後から31日間)
  • シルバー会員(2度目以降の入会後から)
  • ゴールド会員(シルバー会員になった次の月の1日から)
  • プラチナ会員(ゴールド会員になった3ヶ月後の1日から)
  • オリジナルコンテンツ「BeeTV」

dTVのオリジナルコンテンツの「BeeTV」が利用できます。
他の動画配信サービスにはないものですので、dTV独自のメリットと言えますね。

<デメリット>
  • 画質が良くない

他の有料動画配信サービスに比べて、画質がいまいちです。

他サービスでは、HD画質の動画が多いですが、dTVではSD画質の動画が多いようです。
スマホなどの小さい画面でならあまり気にならないかもしれませんが、テレビやパソコンなどの大画面となると画質の悪さが目立ってしまいます。

  • 複数端末で同時視聴できない

複数の端末で動画を同時再生できません。

例えば、家族で共有して使うという場合のデメリットです。
家で家族が動画を視聴している時、外出しながらスマホで動画を再生することができません。

他の動画配信サービスが同時再生に対応している中、この制限は中々のデメリットです。

解約する前の注意点

解約できない時間帯がある

解約手続きができない時間帯があります。システムメンテナンスのため手続きができなくなるようです。

毎週火曜の午後10:30~翌午前7:00までがメンテナンス中です。

ギリギリに解約しようとしたらメンテナンスで次の月額料金が取られてしまったということにならないようにしましょう。

解約のタイミング

dTVでは月額利用料が契約日・解約日にかかわらず、毎月1日から末日までの1ヶ月分の料金となります。日割り計算はされません。

また、無料期間終了するとすぐに月額料金が発生します。

ギリギリまでコンテンツを楽しみたいところですが、解約を忘れそうな方は余裕をもって解約しておくことをおすすめします。

解約・退会する方法

① dTVを開き、ログインする。
② 右上の「メニュー」を押す。
③ 「アカウント」→「退会」を押す。
④ 「dTVから」と「dマーケットから」にチェックを付ける。
⑤ 「利用規約に同意して解約する」を押す。
⑥ docomoのページに移動するので、「dTVの注意事項に同意する」にチェックを付ける。
⑦ 「次へ」を押す。
⑧ 「手続きを完了する」を押す。

まとめ

dTVは月額500円でとても多くのコンテンツを楽しめる有料動画配信サービスです。

現在、31日間の無料体験期間を設けていて、期間中は無料ですべてのコンテンツを利用できます。

そして、無料期間中に解約すれば、1円もお金を払うことなく済みます。解約は簡単で、dTVからほんの数分で解約手続きが完了します。

注意事項として、dTVでは月額利用料が契約日・解約日にかかわらず、毎月1日から末日までの1ヶ月分の料金ということです。

また、無料期間終了後すぐに月額料金が発生しますので、余裕をもって解約をしておきましょう。毎週火曜日の深夜の時間帯は、システムメンテナンスのため解約手続きができませんので注意が必要です。