iPhone 7の発表前から、イヤホンジャックが無くなるという噂はされていました。そして本当にイヤホンジャックが無くなってしまいました。

これにより様々な問題が生じるのではないかと思われる方々も多いと思います。例えば、今まで使っていたお気に入りのイヤホンがiPhone 7では使えなくなってしまったり、いざという時にイヤホンジャックが無くて音楽がかけられない・・・などです。

今回はiPhone7のイヤホンジャックについてをテーマにしていこうと思います。

1. iPhone 7/7 Plus にイヤホンジャックが無い理由

1.1 カメラが大型化したため

イヤホンジャック廃止の理由としては次のように言われています。

iPhone 7/7 Plusでは、従来のモデルよりもiSightカメラが大型化しました。それに伴って、iSightカメラがディスプレイとバックライトを制御する装置と干渉してしまうという問題が生じました。それを解消するために、スペースを確保しようとイヤホンジャックを廃止したということです。

1.2 イヤホンジャック廃止によるメリット

  • 「Taptic Engine」を搭載しやすくなった。

iPhone 7ではホームボタンを押してもボタンは沈みません。
代わりにこの「Taptic Engine」から振動が来るので押したと感じるようになっています。

  • バッテリー容量の増加

スペースが広がったため、バッテリーの容量を増やすことができました。
iPhone 7で14%、iPhone 7 Plusで5%の増量となりました。
結果として、バッテリーの持ちが1〜2時間長くなりました。

  • 耐水性能の実現

iPhone 7には「IP67」という等級の防塵性能・耐水性能が備わっています。
これが実現できたのも、イヤホンジャック廃止をしたからだと言われています。

2. どうやってイヤホンをさすの?

2.1 Lightningコネクタに挿して使うイヤホンが同梱されている

iPhone 7/7 Plusを購入すると、箱の中に「EarPods with Lightning Connector」というイヤホンが入っています。

こちら見た目は従来のiPhoneに同梱されていたイヤホンと同じですが、端子が違います。Lightning端子になっていて、iPhoneのLightning接続部分に挿して使うことができます。

2.2 通常のイヤホンも使える!

通常のイヤホンも使えます。

今まで使っていたお気に入りのイヤホンが使えなくなるのでは?と心配していた方も安心してください。

iPhone 7/7 Plusには、「ヘッドホンジャックアダプタ」も同梱されています。こちらは簡単に言うと、イヤホンジャックをLightning端子に変換するケーブルです。

このケーブルのイヤホンジャック側に通常のイヤホンを挿し、ケーブルのLightning端子側をiPhoneに挿します。すると、通常のイヤホンが使用可能になります。

3. 充電しながら音楽は聞けないの?

3.1 Lightningコネクタが塞がってしまう

iPhone7/7 Plusではイヤホンを挿す場合、Lightningコネクタが使えなくなってしまいます。「EarPods with Lightning Connector」を使っても、「ヘッドホンジャックアダプタ」を使ってもLightningコネクタは塞がってしまいますからね。

なので、充電しながらイヤホンを接続するというのは不可能になってしまいます。

4. Bluetoothのイヤホンなら充電しながらでも音楽が聞ける!

対策としては簡単です。

Bluetoothのイヤホンを使いましょう

Appleからも純正のBluetoothイヤホン「AirPods」が発売されています。

5. AppleからAirPodsが発売!

Apple純正Bluetoothイヤホン「AirPods」が発売されました。

2017年12月13日、Appleオンラインストアでの注文受付が開始されました。

16,800円と高めの価格になっていますが、とても高機能なイヤホンであることが理由です。

AirPods – Apple公式サイト

5.1 専用ケースから出した瞬間にBluetooth接続される

AirPodsは専用ケースから取り出すと同時に電源がオンになり、iPhone等と簡単に接続できます。

5.2 ダブルタップによりSiriを呼び出せる

さらに、AirPodsをダブルタップすると、Siriを起動できます。Siriを使ってiPhoneを操作すること無く、曲の変更や音量調節が可能です。

5.3 耳に付けた時のみ音が流れる

AirPodsには赤外線センサーが付いており、耳につけた時にしか音が出ないようになっています。

5.4 バッテリーの持ちが短い?

バッテリー持ちは最大5時間となっています。少し短いような気もしますね。

しかし、使わない間は専用ケースに入れておくことで充電することができますので、1日持たせることもできてしまいます

15分の充電3時間の駆動と言われています。

5.5 未だに品薄の状況

AirPodsは発売直後よりずっと品薄の状態が続いています。入荷も少量で、すぐに売り切れてしまうようです。

今からオンラインストアで予約しても、1〜2ヶ月待つようになる可能性も高いです。

6. 今後発売するiPhoneにはイヤホンジャックが無いの?

今後発売が予想されているiPhone 8についてですが、イヤホンジャックの有無については明らかになっていません。

耐水性能の維持のために廃止されたままであるという情報もあれば、ユーザーから不便との声がとても多く、イヤホンジャックを復活させるのではとも言われています

7. まとめ

iPhone 7/7 Plusでイヤホンジャックが廃止されて、不便になったという側面も無いとは言い切れません。

ですが、AppleはLightning端子のイヤホンやヘッドホンジャックアダプタを同梱してくれています。

これらは充電しながら使用するというのはできません。
しかしこの問題はApple純正のAirPodsや他のワイヤレスイヤホンを使うことで解消できます。

AirPodsはとても高機能なイヤホンとなっていますので、イヤホンジャック廃止を機に購入してみるのもいいかもしれません。