iPhoneの初期化は様々な不具合の解決方法として有効です。しかし、この方法はiPhone上のすべてのデータを削除してしまいます。ですので、この方法は最終手段として用いられることが多いです。

初期化でiPhoneにある重要なデータをすべて失ってしまわないように、iPhoneの大切なデータをバックアップしておくことはとても重要です。しかし、バックアップがあっても復元方法がわからなければ意味がありません。

今回は、iPhoneの初期化の方法と、iCloudとiTunesの両方での復元方法をそれぞれ紹介します。
機種変更などの際にも役に立つので、参考にしてみてください。

初期化する前の注意点

iPhoneを初期化しても、初期化する前の状態のバックアップがなければ元通りにすることはできません。

iPhoneの初期化を実行する前に必ずバックアップの作成/確認を行いましょう。

バックアップではiCloudでバックアップする方法と、iTunesでバックアップする方法の2種類があります。

それぞれメリット・デメリットがあるので、理解して使いましょう。

iCloudのバックアップ確認方法

iCloudに保存したバックアップのデータを確認する方法です。

  • ① 「設定」アプリを開く
  • ② 一番上の自分のユーザー名をタップ
  • ③ 「iCloudをバックアップ」を選択
  • ④ 青い文字の「今すぐバックアップを作成」の下の「前回のバックアップ」を参照
  • ⑤ 前回バックアップを作成した日にちが確認できる

もし確認した日にちからだいぶ経っていて、バックアップが古いものであったら、最新のものに更新しましょう。

同じページの「今すぐバックアップを作成」を押すことで、バックアップの作成が開始します。

iTunesのバックアップ確認方法

iTunesでPCに保存したバックアップのデータを確認する方法です。(Macの場合)

  • ① iTunesを起動
  • ② メニューバーの「iTunes」をクリック
  • ③ 「環境設定」を開く
  • ④ 「デバイス」タブをクリック
  • ⑤ 「デバイスのバックアップ」でバックアップデータが表示され確認できます。

Windowsの場合でも、iTunesの「設定」を開いて「デバイス」タブを開けば確認することができます。

バックアップが古いものであるならば、iTunesの「今すぐバックアップ」をクリックすればバックアップを開始できます。

iPhoneを初期化して工場出荷状態にする方法

iPhoneを工場出荷状態にリセットする方法です。

  • ① 「設定」アプリを開く
  • ② 「一般」を選択
  • ③ 一番下にある「リセット」をタップ
  • ④ 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ
  • ⑤ 確認が出るので、赤文字の「iPhoneを消去」をタップします。

これでiPhone上のすべてのデータが消えます。

写真や動画、メッセージや連絡先以外にも、様々な設定などが消え、工場出荷時の状態となります。

iCloudで復元する方法

iCloudに保存したバックアップからiPhoneを復元する方法です。

  • ① 初期化したiPhoneの電源を入れる
  • ② 表示される手順通りに操作する
  • ③ Wi-Fiの設定画面が表示されたら、Wi-Fiへ接続する
  • ④ 「iPhoneを設定」という画面で、「新しいiPhoneとして設定」、「iCloudバックアップから復元」、「iTunesバックアップから復元」の3つの選択肢が表示される
  • ⑤ 「iCloudバックアップから復元」を選択
  • ⑥ Apple IDとパスワードを入力し、iCloudにサインイン
  • ⑦ 利用規約に同意
  • ⑧ 復元に使いたいバックアップを選択するとバックアップが開始

復元が完了し各種設定が済むと、アプリなどのダウンロードが始まります。全てのダウンロードが完了するまで、Wi-Fiには接続したままでいましょう

iTunesで復元する方法

iTunesに保存したバックアップからiPhoneを復元する方法です。

  • ① 初期化したiPhoneの電源を入れる
  • ② ライトニングケーブルでPCと接続する
  • ③ iTunesに「新しいiPhoneへようこそ」という画面が表示される
  • ④ 「このバックアップから復元」にチェックを入れる
  • ⑤ 復元に使いたいバックアップを選択する
  • ⑥ 「続ける」という青のボタンをクリックすると復元開始

復元には時間がかかるのでしばらく待っていましょう。復元中はiPhoneの操作はできないので注意してください。

復元がなかなか終わらない・・・復元時間を短縮するには

復元は、データの量が多いほど時間がかかります。不要なアプリなどのデータは削除してからバックアップをとっておいたほうが良いと言えます。

また、もし異常なほど復元が遅いのであれば、うまくいっていない可能性があります。復元をやり直したり、iCloudとiTunes両方でバックアップをとっていた方は、もう一つの方法で復元を実行してみましょう。

どうしてもうまくいかない場合は、Appleサポートプランに加入しているのであれば、Appleサポートに電話してみるのがいいですね。

まとめ

今回はiPhoneの初期化方法と初期化後の復元方法について説明しました。iPhoneの初期化は、iPhoneに不具合が発生した場合にもとても有効な手段です。

初期化したまっさらなiPhoneを元の状態に復元するには、iCloudとiTunesでの方法があります。これはiCloudとiTunesどちらでバックアップをとったのかによって変わってきます。

もし、両方でバックアップをとっていて、かつどちらの方法も実行できる状況であれば、iTunesでの方法をおすすめします。これは、iTunesでのバックアップの方が、より多くのデータをバックアップできるためです。

iPhoneの復元は結構な時間がかかります。その間iPhoneの操作はできませんので、注意しましょう。