Apple Payが使えるようになったことなどで、私たちのiPhoneにはクレジットカードの情報などのとても重要な情報がたくさん格納されるようになりました。

そのような中でとても怖いのが、iPhoneをどこかに落としてしまったり、盗まれてしまうことですよね。
自分の情報が悪用されてしまうのではないかと不安になると思います。

そこで役立つのが、「iPhoneを探す」という機能です。こちらをオンにしておけば、もしもの時でも自分のiPhoneを追跡したり情報を保護することができます。

今回は、「iPhoneを探す」について詳しく説明していきます。

「iPhoneを探す」とは?

「iPhoneを探す」はiPhoneのセキュリティ機能です。この機能を使えば、Apple製のデバイスを紛失した際にも、探して保護することができます。

同じApple IDへサインインしているデバイスであれば、専用のアプリやウェブサイトか位置を特定し、地図上で見ることができます。

この機能でできること

前述の通り、iPhoneのセキュリティ機能であるので、情報保護のため他にも様々なことができます。

  • サウンド再生
  • 紛失モード
  • iPhoneを消去

以上のような3つの機能があります。

iPhoneを紛失した際にも、音を鳴らして見つけ出したり、情報の漏洩を防ぐためにロックをかけたり情報を削除したりできます。

もしもの時に困らないように、普段はiPhoneを探すはオンにしておくことをおすすめします。

ファミリー共有もできる

自分の位置情報を家族と共有することができるファミリー共有を使えば、iPhoneを探すで家族のデバイスも探し出すことができます。

家族のデバイス同士で、サウンドを鳴らしたり、紛失モードの設定やiPhoneの消去を実行できるのです。

「iPhoneを探す」の設定

設定で有効にしていなければ、iPhoneを探すを利用することはできません。

「iPhoneを探す」をオンにする

① 「設定」アプリを開く
② 一番上の自分のユーザー名をタップ
③ 「iCloud」をタップ
④ 「iPhoneを探す」をタップ

⑤ 「iPhoneを探す」をオンにする

iPhoneを探すをオンにした際に、位置情報の共有の許可を求められる場合があります。その場合は、許可を押すことでオンになります。

「iPhoneを探す」アプリの使い方

iPhoneを探すアプリを起動してみましょう。

起動直後にApple IDのサインイン画面が表示されると思います。こちらにIDとパスワードを入力してサインインします。

サインすると下の図のような画面が表示されます。(iPhoneの場合)上に地図、下に位置情報を共有しているデバイス一覧があります。

デバイスアイコンの左の緑マークはオンライン端末を表します。グレーのマークの場合は端末がオフラインになっています。地図にはオンラインの端末しか表示されません

iPhoneを探すの遠隔操作機能を使う場合は、任意のデバイスを選びタップします。すると、画面下中央に「アクション」と表示されますのでタップします。

「サウンドを再生」、「紛失モード」、「(選んだデバイス)を削除」の3つの機能が表示されます。

サウンドを再生

紛失した端末から音を鳴らして探し出したい場合は、「サウンドを再生」をタップします。すると、目的の端末から警告音が鳴ります

この機能では、音が大きく、サイレントモードにしていても音がなるので、端末を探す際に役に立つでしょう。

サウンドが再生されたデバイスには、ロック画面に「iPhoneを探す」警告通知が出ます。(画像ではiPadを使用したので「iPadを探す」警告)また、メールでもその旨の通知が届きます。

紛失モード

iPhoneを紛失した場合は、遠隔操作でパスコードロックできる紛失モードを使います。

アクションの中から「紛失モード」を選びタップします。そして、「紛失モードをオンにする」をタップします。

パスコードをかけていない方は、最初にパスコードの設定画面が表示されるので、パスコードを設定してください。

更にこの機能では、紛失端末のロック画面に自分の電話番号や、メッセージを表示することもできます。紛失端末を拾ってくれた人がメッセージを見て、電話連絡してくれるように促せるのです。

iPhoneを消去

もし、紛失端末が戻ってこないと確信した場合です。デバイスにある重要な情報を守るためにこちらの機能を使用します。

デバイス上の全ての情報を消去し、データを悪用されないようにします

注意

こちらの機能の使用は最後の手段です。データを全て消去してしまうと、今後その端末の追跡ができなくなってしまいます。

紛失端末がもう戻ってきそうにないと確信できて、情報を守らなければならない場合のみ使用することをおすすめします。

 

PCでの使い方

PCのブラウザから、iCloudへアクセスします。

Apple IDのサインイン画面が表示されるので、サインインします。そして、「iPhoneを探す」をクリックします。

iPhoneを探すアプリと同様に、マップが表示され、位置情報を共有しているデバイスの位置が表示されます。

3つの機能を使用したい場合も同様です。画面上中央の「すべてのデバイス」から任意のデバイスを選びクリックします。右上に端末と操作メニューが表示されますので、実行したい機能を選びます。

このようにアプリだけでなく、PCなどのブラウザからでもiPhoneを探すの機能は使えます。

紛失したiPhoneが電源オフや圏外の場合は?

iPhoneを探すでの追跡は、紛失端末が通信できる状況であることが前提です。もし、端末の電源がオフであったり、圏外であった場合、位置情報の共有ができません

その場合は、端末を見つけることはできないのでしょうか?実は、そんな時のための機能もあります。

最後の位置情報を送信

最後の位置情報を送信」という機能で、ある程度紛失端末の場所を予測することができます。

もし、紛失端末の電源が切れてしまった場合、この機能をオンにしておけば、電源が切れる直前でその時の現在地を送信してくれます。

もちろん、電車やバスでなくしてしまったり、拾った人に持っていかれてしまった場合、送信された最後の位置情報から大幅に移動してしまっているかもしれません。

ですが、どんな場合でも手がかりにはなると思うので、是非こちらもオンにしておくことをおすすめします。

「最後の位置情報を送信」をオンにする方法

① 「設定」アプリを開く
② 一番上の自分のユーザー名をタップ
③ 「iCloud」をタップ
④ 「iPhoneを探す」をタップ
⑤ 「最後の位置情報を送信」をオンにする

まとめ

今回は、iPhoneを紛失した時に役立つ、「iPhoneを探す」について紹介しました。

この機能では、紛失した端末を追跡したり、探したり情報を保護するためのアクション実行できます。
iPhoneを盗まれたとしても、重要なデータを守ることができるのです。

具体的には以下の3つのアクションがあります。

  • サウンドを再生
  • 紛失モード
  • iPhoneを消去

これらの機能は「iPhoneを探す」アプリや、PCのブラウザでiCloudにアクセスして実行することができます。

また、もし紛失した端末が電源オフや圏外になってしまっても、「最後の位置情報を送信」機能で直前の位置情報を知ることができます。

今回紹介した、「iPhoneを探す」や「最後の位置情報を送信」はオンにしておくことをおすすめします!

私の実体験ですが、出かけた時にiPhoneをなくしてしまったことがあります。その時、iPhoneを探すをオフにしていて、探し出すのに苦労しました。自分の色々な情報も漏洩してしまうのではないかと、とても不安でした。幸い、善意のある方が警察署に届けてくださり、手元に戻ってきました。

それ以降、iPhoneを探すは常にオンにしておくことにしています。