LINEを利用していて、友達と普通にトークのやり取りをしていたのにいきなりトークが消えてしまったということはありませんか?さらに友達リストからも消えてしまっている場合もあるでしょう。

そんな時一番不安になるのが、「ブロックされてしまったのか」ということですよね。実際、どういうことが原因でトークが消えてしまうのかを今回は紹介していきます。

別の端末からLINEをログインしたとき

原則、1台のスマホで使えるLINEアカウントは1つのみとなります。複数台のスマホで同じアカウントは使えません。

引き継ぎ作業を行わずに別の端末でログインしようとすると、もともと使っていた端末のデータ・アカウントが消えてしまうようです。引き継ぎ作業を行ったとしても、別のスマホでログインしようとした時に、「前の端末では利用できなくなります。」と表示されます。

そのまま続行すると、前の端末のトーク履歴は消えてしまいます。Wi-Fiでの利用のみで運用しているスマホであっても、同じアカウントの同時利用はできないので注意が必要です。

どうしても複数端末で利用したい場合はどうすればよいのでしょう。対策としては、スマホとiPadやスマホとパソコンといった組み合わせでの利用です。

スマホ2台での複数端末利用はできませんが、これらの組み合わせであれば複数端末利用ができます。

相手がLINEアカウントを削除したとき

相手がLINEアカウントを削除したという可能性もあるようです。意図的にアカウントを削除したのでなくても、機種変更の際の引き継ぎ作業の失敗などもあり得ます。

この場合は、友達リストを確認してみるといいと思います。もしアカウントを削除したのであれば、あなたの友達リストから消えているはずです。

もし相手がアカウントを作り直した場合は、友達リストに再表示されたり、友達追加のところの「知り合いかも?」に表示されることがあるようです。また、相手のIDを知っていたり、相手が電話番号を変えていないのであれば、IDや電話番号で検索をしてみるといいと思います。

一時的なLINEアプリの不具合

アップデートの後などにLINEアプリ自体に不具合が生じているという可能性もあります。例えばトーク履歴が全部消えていて、友達リストもすべて消えてしまっていたりするという場合です。

解決策としては、LINEアプリの再インストールが挙げられます。しかし、普段の場合でも再インストールすると、トーク履歴はすべて消えてしまいます。

再インストールして友達リストが正常に表示されたとしても、トーク履歴は復元できません。こういった事態のために、普段からこまめにバックアップをとっておくことを強くおすすめします。

iPhoneの場合のバックアップ方法(iCloud Driveをオンにした状態で)

Lineアプリを開く→「その他」タブ→「設定」→「トーク・通話」→「トークのバックアップ」→「今すぐバックアップ」

Androidの場合のバックアップ方法

Lineアプリを開く→「トーク設定」→「トーク履歴をバクアップ」→「すべてバックアップ」

間違えて友達のLINEアカウントを非表示・ブロックしてしまった

操作ミスで友達のアカウントを非表示・ブロックしてしまったという可能性も考えられます。友達リストを確認してみて見つからなかったら、ブロックリストまたは非表示リストを確認してみましょう。

LINEの「その他」タブ→「設定」→「友だち」→「ブロックリスト」または「非表示リスト」をタップ

もしこのリストに消えてしまった友達がいたならば、「編集」をタップして再表示/ブロックの解除をすれば友達リストに復元できるはずです。

友達にブロックされたらトークは消えるのか?

もし友達にブロックされたとしても、トークは消えません。トークの見た目上もこれまでと変わりません。

しかし、メッセージやスタンプ、写真などを送ったとしても、ブロックされている間は一向に既読がつきません。ブロックされているかどうかを確認する方法を簡単に紹介します。

有料スタンプをいくつかプレゼントしようとしてみることです。何種類かプレゼントしようとしても「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません」と毎回出る場合は、ブロックされている可能性が高いです。

まとめ

今回は、LINEのトークが消えてしまった場合についてその原因を紹介しました。まずは自分がなにかミスをしていないか確認しましょう。

もしLINEアプリに不具合があるようで、再インストールしても治らないようでしたら、運営に報告しましょう

LINE 問題報告フォーム
https://contact.line.me/ja/

どのような場合でも、普段からバックアップをこまめにとることは大切です。