ども!ロイです。

今回は

「スマホSIMフリー義務化!
しかしデメリットが多く、
スマホ業界は絶望しかない」

についてご紹介をします

総務省が決定した「SIMフリーの義務化」

2015年5月に実施される予定ですが、
実際に実施されれば、
僕たちにどんな影響が出るのか。

いや・・・どんなデメリットが出るのか、
調べてみました。

SIMフリー義務化の弊害と絶望

1.SIMに関する知識が必要

おそらく大手携帯電話会社の3社も
SIMカードを販売してくるでしょうし、
その抜け目を縫って、小さい企業も
たくさんのSIMカードを販売してくるでしょう。

さらに企業側も、自分のサービスを契約してほしいので
僕たちユーザーにどんどんセールスをかけてくるでしょう。

勧誘ですね。いろーんな勧誘を
これからももっともっと受けるかもしれません。

だからこそ、騙されないために、
自分にピッタリの料金プランを設定するために
無駄にたくさん料金を払わないために、

お得に使うためにも
SIMフリーに関する知識は必ず必要です。

どのメーカーが良いのか
どんな組み合わせが必要なのか
どんなSIMの種類があるのか

また携帯電話業界が複雑になっていきますね…

2.ネット接続に関する知識が必要

これまでは、何かわからないことや
困ったことがあれば、
携帯電話会社に相談すれば良かった。

スマホの使い方や、ネットの接続方法
操作方法や設定方法まで教えてくれていた。

でも、今後はSIMフリー化によって
スマホ本体とネット接続と、
分けて考える必要が出てきた。

なので、スマホ本体についても
「対応はメーカーでお願いします」と言われるかも。

だって、docomoとかauとかじゃないと
スマホが買えないわけじゃなくなるので
スタッフも、あらゆる種類の機種の面倒を見きれません。

auのスマホ機種の相談をdocomoに行っても
「取り扱ってませんのでサポートできません」と言われるし
auも直接契約をしているわけではないので
同じような対応をされるかもしれません。

また、ネット接続に関してもSIM会社に相談が必要。
スマホ本体のメーカーと、SIMのメーカー、
いったい僕たちはどこにサポートを求めればいいのか。

3.結局負担額はプラスマイナスゼロ。若干プラス

実質0円、月々割といった大幅割引サービスのおかげで
僕たちの携帯利用料金は月々1万円前後ぐらいで収まってる。

それに、スマホの本体代金も
ほとんど負担をせずに購入できる。

スマホ本体は1台8万円から10万円と
高機能になるにつれ、ものすごく高くなった。

でも、実質0円でスマホを手にできるから
敷居も高くないし、スマホの購入も負担が減る。

でも、SIMフリー義務化によって
今後は大幅キャンペーンができなくなると
スマホ本体を一括で購入しないといけない場合が出てくる。

もしくはクレジットカードやローンを組んで
分割で購入をしなければいけなくなる。

ということは、
僕たちのスマホ購入はものすごくでかい壁となった。

今後スマホは売れていくのか…

結論:ミーハーなスマホユーザーと海外出張者が便利な時代に

SIMフリー義務化が2015年5月から実施されるけど
海外出張や、スマホ大好きなミーハー以外は
デメリットが非常に大きくでる結果となりそう。

でも、このままで終わらないとは思うので
今後どういった流れになるのか、期待しよう。

でも、うまく使いこなせば
SIMで月額料金をものすごく安く抑えることができる。

例えば…月額660円でネットができたり!

続きを読む