ども!スマホ依存症のロイです。

トイレにもお風呂にも寝る前にも
電車でも車でも深夜バスでも
待ち時間でも歩きながらでも

いつでもどこでもスマホを持ってます。

でも、これって当たり前なことでは…?
いや、実はそれがスマホ依存症かもしれません。

まずはスマホ依存症かどうかをチェックしましょう!

スマホ依存症診断チェック!

これからいくつか質問をするので
あてはまる質問の数を数えてくださいね。

ではいきます!

  • 1.友達と遊んでいてもスマホに集中してしまう
  • 2.財布よりもスマホがあれば安心
  • 3.スマホを家に忘れたときは不安になる
  • 4.トイレにスマホを持ち込む
  • 5.寝る前に布団に入ってスマホを見る
  • 6.電話よりもメール派
  • 7.スマホのバイブが鳴ったと勘違いすることがある
  • 8.スマホを使っている時間は1日5時間以上はある
  • 9.充電が無くなると不安なのでモバイルバッテリーを常に持ってる
  • 10.授業中や仕事中にスマホを見てしまう
  • 11.スマホの電池が50%を切るとそわそわする
  • 12.テレビよりもスマホを見る時間が長い
  • 13.SNSをしていないと仲間外れにされそう
  • 14.スマホを使って話しかけるなオーラを出すことがある
  • 15.リアルな付き合いよりもネットで出会った人の付き合いが楽しい

さて、いくつ当てはまったでしょうか?

では結果発表です!

  • 0個・・・問題なし
  • 1~4個・・・予備軍
  • 5~8個・・・軽症
  • 9~11個・・・重症
  • 12個以上・・・依存症

ちなみに僕は8個だったので
「軽症」でした。

スマホ依存症になる原因って何?

1.仲間外れにされる不安感や疎外感を感じるため

友達同士のコミュニケーションが
スマホやSNSが中心となっていることと
SNSを使用する人の割合が非常に多いので

自分もSNSに参加しないと
仲間外れにされてしまうと不安に感じてしまうのが
スマホ依存症になる一番大きな原因になります。

SNSでの交流がリアルでの交流につながるため
自分もSNSに参加しないと…という義務感もでてくる。

2.楽しくて面白い機能がたくさんあるから

夢中になれる要素がたくさんあることと
新しいもの大好きな日本人にとってうれしい
トレンド要素がふんだんに盛り込まれていること。

スマホと一言で済ますことができないぐらい
非常に奥が深く、そして幅も非常に広いです。

簡単にインターネットという大海原に飛び出せるので
何をしても、どれだけ時間をかけても
飽きるということが無いのです。

スマホ依存症を解消する5つの対策!

僕も試しに1日スマホを持たない生活をしてみました。
すると…意外な結果になったんです。

⇒ スマホ依存症を解消する5つの対策方法まとめ