【iPhoneXの予約はこちら】
iPhoneXの予約はソフトバンクが5000円お得!iPhoneXは予約しないと手に入らないらしい…予約が1日でも遅れると納期がどんどん遅れるから急いで!

Androidスマホ機種

通信制限って何?7GBと128kbpsってどう違うの?

投稿日:2014年10月21日 更新日:

【iPhoneXの予約はこちら】
iPhoneXの予約はソフトバンクが5000円お得!iPhoneXは予約しないと手に入らないらしい…予約が1日でも遅れると納期がどんどん遅れるから急いで!

ども!ロイです。

意外と知らない人もいるんじゃないかな。128kbpsの通信制限。スマホを契約するときも、ちゃんと説明してくれないし大事なことはちっちゃーく書かれてるだけだしね。

でも、ちゃんと覚えといたほうがいいよ。128kbpsの通信制限かかると大変なことになるんだから。

ちなみに、この記事を書いている現時点、ロイのスマホは通信制限が掛かってます。笑

スポンサードリンク
スポンサードリンク

たまたま知恵袋でこんな質問がありました。

ロイの場合、128kbpsの通信制限については常識のように理解してたけど、やっぱり意外と知らない人多いんだなー。っと思ってこの記事を書いてるんですけどね。笑

完全に僕の解釈で話を進めていきますが、参考になればうれしいっす。

1.128kbpsの通信制限って何?

聞きなれない人もいるでしょうね通信制限って。まぁその名の通り、通信を制限しますよってこと。

何時の間にか3Gだったのが4GになったりLTEになったり、速度が速くなってますよね。

これは僕たちスマホユーザーにとってはめちゃうれしいことなんですよ。

  1. 動画がさくさくみれる
  2. 調べものがサクサクできる
  3. ページをさくさくみれる
  4. アプリもさくさくダウンロードできる

つまり、3Gよりも4GとかLTEの方が「さくさく」動くようになったっていうこと。通信速度が上がったから、ということですね。

速度が上がったことでサクサク動作できるようになったことはうれしいけど、うれしいことだけじゃないんですよ。

そう。それが通信制限。

なんとね。1か月間で使える通信量が制限されてるんです。

一般的には7Gなんだけど、かけ放題プランがベーシックとなった今は
2G、5G、8G、10G、15G、20Gっていう感じで選べる。

キャリアごとに少し違うけど、料金と通信量はこんなかんじ。

[table id=4 /]

docomoが安くて、auは細かいプランが設定されている、というかんじですね。

でも、今までは4000円ぐらいでパケ放題(無制限)っていうのが普通だったのに、通信量が制限されたり通信量によって料金が変わるという仕組みに変わってる。

2.7GBってぶっちゃけどれぐらいなの?

7Gってどれぐらい使えるの?って話だと思う。どれぐらい使えるのか、どれぐらいで制限に達するのか。

大体の目安として、7Gの場合、YouTubeの動画が5時間分っていうイメージ。

1か月間で合計5時間しか動画を見れない。1か月で300分。

つまり平均1日10分しか動画を見ることができない計算になりますwwww

もちろん、LINEしたりメールしたりネット検索したりアプリDLしたりゲームでネット接続したりと、動画見る以外にもネットは使います。

その辺も考慮すれば、YouTubeを見れるのは1日最大5分間ぐらいが限度

これ、どう思います?めちゃくちゃ制限されません?

ネット使い放題だー!だから動画みまくろー!ドラマだ音楽だ映画だー!

…あれ。接続めっちゃ遅くないか?

っていうことにならないように、賢く考えて使っていく必要がある。

3.7Gと128kbpsってどう違うの?

まず、kbpsっていうのは通信速度の単位。bpsはバイトパーセカンドって意味。
1秒で受信できるデータの量がbpsっていう単位で示されています。

あとはキロの「K」がついたりとか

メガの「M」がついたりとか

ギガの「G」がついたりする。

これはSDカードとかと一緒だからなんとなくイメージはわかりますよね。

Kが一番小さくて、Gが一番大きい。

そんで、7Gっていうのは通信量のこと。7GBってこと。最大でこれだけ通信できますよーっていう意味。

通信量が1か月の合計で7GB以内であれば、めちゃ速い速度で通信できるよっていうこと。

通信速度って都会とか田舎とか、屋内とか屋外とかで変わったりするけど、
LTEなら基本10~15Mbpsぐらいは速度としてでてる。ロイの場合はね。

じゃあ、これを踏まえて考えてみましょう。

1か月の合計が7GBまでなら、速度は15Mbps。

でも、1か月の合計が7Gを超えると、128kbpsになってしまう。

わかりやすく単位をあわせて比べると↓こんなに↓違う。

15,000kbps

128kbps

ゼロの数が半端なく違うよね。笑

15000という数字が、いきなり128になっちゃう。

財布の所持金が15000円から128円になるのと同じこと。

そう、相当さがっちゃう。通信速度が。

だから128kbpsだと読み込みとかクッソ遅い。

Yahoo開くだけで1分ぐらいかかる。まじで。笑。普通なら1秒ぐらいですよね。

まとめ

これが大きな落とし穴!ネット使い放題とか言ってるけど、実際のところは…

「128kbps制限の範囲なら使い放題だよー」ってこと。

「128kbps制限超えても使えるけど、めっちゃ遅くなるよー」ってこと。

遅くなるっていっても、まともに動画を見たりネット接続したりできるレベルじゃないから

ネットが一切使えないのと同じぐらい致命的なこと。

これ知らないと、来月まで待たないと制限が解除されないから、月初めに一気に動画を見まくって制限かかっちゃったら、1か月間ネット使えなくて寂しすぎて暇すぎて死んじゃうよ。笑

あでも、ドコモなら、緊急用にその月だけ1GB制限を増やすってこともできる。1000円かかるけど。

もし万が一、128kbpsの通信制限かかってネットがまともに使えない状態になって、でもどうしてもネットを使わないといけないってことになったら、ドコモに連絡をしてプラス1000円で1GB増やしたら、とりあえず通信速度は元に戻る。でもプラスで料金がかかるっていうのが個人的には嫌だけどね。

まだわからない人はコメントいれてね。質問があれば答えていくので。

スポンサードリンク




スマホ買い替える前に絶対読んで!
⇒【完全版】2017年絶対に失敗しないおすすめAndroidスマホランキング

スマホケースはやっぱり手帳型が一番?
⇒手帳型スマホケース使いにくい?メリットデメリットの調査結果まとめ

スマホケースはやっぱり手帳型が一番?
⇒有線セルカ棒とBluetoothセルカ棒どっちがいい?比較した結果
スポンサードリンク

-Androidスマホ機種