無線LANが普及して、ほとんどの家庭でWi-Fiが使われています。

Wi-Fiの通信速度が遅い・・・。設定したけどWi-Fiに繋がらない・・・。

今まで普通の使えてたのに急にWi-Fiに繋がらなくなった!などWi-Fiについての悩みも増えているでしょう。インターネットに接続できないとかなり不便ですよね。

今回は、Wi-Fiの接続が不安定な時の原因と対処法について紹介します。お悩みの方は是非こちらを参考に対処法を試してみて下さい!

無線LANの2種類の電波

元々無線LANでは2.4GHz帯の電波が使われてきました。最近では5GHzの周波数帯域も使われるようになっています。

2.4GHzの帯域は、電子レンジやBluetoothなどでも利用されていますなので、電波干渉が起こってしまうことがあり、通信が不安定になってしまいます。

5GHzの帯域は、他の家電や通信で使われることが少ない帯域なので、電波干渉が起こりにくいものとなっています

ですが、すべての無線LANが5GHzの帯域に対応しているとは限りません。

Wi-Fiに繋がらない/遅い原因

1.ルーターが正しく接続されていない

そもそもルーターがモデムに正しく接続されていないのかもしれません。ケーブルを挿していなかったり、挿すべきところに挿していなかったりしていませんか?

2.電波が届いていない

ルーターと端末との距離が遠すぎてはいませんか?または、ルーターと端末の間にドアなどの障害物があったりしていませんか?

ルーターとの距離が遠いと電波が届きにくくなり、通信が遅かったり接続できなくなります。そこまで離れていないと思っていても、ルーターが別な部屋にあったりする場合、ドアや壁で電波が遮られてしまうこともあるのです。

3.Wi-Fiに接続している端末が多い

ひとつのルーターに複数の端末を接続していませんか?ルーターに同時に接続できる端末台数は限られています。制限内であっても多くの端末で通信を行っていると、回線が込み合って通信速度が遅くなってしまいます。

4.電波干渉している

Wi-Fiの2.4GHzの周波数帯域の電波へ、他の家電からの電波が干渉してしまっていることもあります。電子レンジやコードレスの電話で電波干渉が起こることがあるようです。

5.ファイアウォールが邪魔をしている

セキュリティソフトのファイアウォールが通信を遮断していることがあります。今まで正常に通信できていたのに、セキュリティソフトを導入したら繋がらなくなったという場合は、こちらが原因の可能性が高いですね。

6.ルーターに不具合がある

そもそもルーターに不具合がある場合もあります。複数の端末で接続してみて、どの端末でも接続がうまくいかない場合はその可能性が高いです。

ルーターのファームウェアを更新しないまま、ずっと古いバージョンで使っていることが原因の可能性もあります。

7.端末自体に不具合がある

他の端末では正常に繋がっているのに、ある端末だけで通信が不安定・・・という場合はその端末の不具合が原因だと思われます。

改善するための対処法

1.ルーターの接続を確認

ルーター周りのケーブルの配線などを正確に行いましょう。元々の接続がうまくいっていないこともあるので、もう一度確認してみるといいですね。

2.電波状況を改善する

ルーターの位置を変えてみたり、障害物を取り除いてみてください。それによって電波状況が改善するかもしれません。

どうしても配置の問題で端末とルーターを近づけられない時は、中継器を導入してみるといいと思います。電波を中継して、Wi-Fiを利用できる範囲を拡大してくれます。

3.アクセスポイントを使い分ける

アクセスポイントを複数に分けて、ひとつのアクセスポイントの接続数を減らしてみましょう。ひとつのルーターで複数のアクセスポイントが使えるものがあります。

しかし、どのルーターにもその機能があるわけではないので注意して下さい。

3.Wi-Fiの周波数帯域を変えて電波干渉を避ける

冒頭で説明したとおり、5GHzは他の家電や通信であまり使われていない周波数帯域です。

Wi-Fiの電波を5GHzの帯域に変えることで、電波干渉を解決することができます。

ルーターによって、2.4GHzと5GHzを同時発信しているもの、片方発信のみでどちらかに切り替えるものがあります。お使いのルーターの説明書を確認してみましょう。

4.ファイアウォールを切ってみる

ファイアウォールが原因の場合は、ファイアウォールを無効にしましょう。セキュリティの問題で無効にできない場合は、例外設定をおすすめします。

5.ネットワーク設定をしなおす

端末側でネットワーク設定をリセットして、もう一度Wi-Fiの設定などをしてみましょう。この方法で改善することもありますよ。

6.ルーターを再起動してみる

ルーターの方に問題がありそうだなと思ったら、ルーターやモデムを再起動してみましょう。再起動方法はお使いのルーターやモデムによって違ってきますので、説明書などを参考にするのが良いと思います。

7.ルーターのファームウェアを確認

ファームウェアのバージョンを確認してみましょう。もし最新版のファームウェアが公開されている場合はアップデートすることをおすすめします。

基本的に常に最新のファームウェアで利用するのが望ましいです。新しいバージョンがないかこまめにチェックしておくと良いですね。

8.端末を再起動してみる

スマホやPCなど端末側を再起動してみましょう。意外と、この方法で解決したりもします。

まとめ

今回はWi-Fiが遅い時、またはWi-Fiに繋がらない時の原因と対処法について紹介しました。

  • ルーターの接続を確認
  • 電波状況を改善する
  • アクセスポイントを使い分ける
  • Wi-Fiの周波数帯域を変えて電波干渉を避ける
  • ファイアウォールを切ってみる
  • ネットワーク設定をしなおす
  • ルーターを再起動してみる
  • ルーターのファームウェアを確認
  • 端末を再起動してみる

これらの方法を試してみて下さい。

もし、これらの方法でも解決しない場合は、ルーターまたはスマホやPC等の端末の故障かもしれません。

複数の端末で接続がうまくいかない場合はルーター側が原因。ある端末でのみ接続がうまくいかない場合は端末が原因。このように原因を探ってみてください。

ルーターや端末に不具合がある場合は、それぞれのサポートセンターへ連絡してみることをおすすめします。