2016年10月25日より、日本でApple Payが使えるようになりました。手持ちのクレジットカードやSuicaを登録すればiPhoneだけで支払いができるサービスです。なので、クレジットカードや持ち歩く必要がなくなります。iPhone一つで様々な決済ができてしまうので、私達の生活を大きく変えることとなりました。

今回は、そんなApple Payについて紹介します。クレジットカードの登録方法や使い方、対応カードや店舗について触れていきます。また、iPhoneを紛失した場合の危険性についてもまとめました。

1. Apple Payとは?

iPhoneの決済システムです。Apple Payにクレジットカードを登録しておけば、Apple Payに対応している店舗やアプリであれば、簡単に支払いができます。

各カードにはiDやQuick Payの電子マネーが割り当てられていて、それを使って店頭で決済することができるのです。

Suicaの登録もでき、電車を乗るときは改札にかざすだけで通ることができるのです。店頭ではSuicaはそのままSuicaとして使うことができます。

2. クレジットカードの登録方法

Apple Payへお持ちのクレジットカードを登録するには、Walletアプリを使います。
登録は簡単で、iPhoneのカメラにクレジットカードを写すだけで番号や名前などを読み取ってくれます。

Apple Pay にクレジットカードを登録する方法
  • ① Walletアプリを起動
  • ② 右上のプラスマークをタップ
  • ③ 「次へ」をタップ
  • ④ 「クレジット/プリペイドカード」をタップ
  • ⑤ カメラが起動するので、枠内にカードが入るように写す(手動入力も可能)
  • ⑥ 有効期限・名義・セキュリティコードを入力する
  • ⑦ Apple Payから8桁の認証コードがSMSなどで送られてくるのでそれを入力
  • ⑧ アクティベート完了

ちなみにセキュリティコードというのは、カードの裏面にある3桁の数字のことを指します。

登録が完了すると、Walletアプリのトップに登録したカードが表示されるようになります。カード番号は下4桁のみの表示で名義は表示されません。

カードの右下にiDまたはQuick Payのマークが表示されていると思います。登録したカードがどちらに割り当てられているか分かります。

3. 登録できないクレジットカードがある?

すべてのクレジットカードがApple Payに登録できるわけではありません。

例えば、ヨドバシカメラのゴールドポイントカード・プラスやDinersClubカードなどは登録不可となっているようです。

国内の主要なクレカは利用可能!

登録できないクレカはあるものの、基本的に国内の主要なクレジットカードには対応しています。

下の画像のように、三井住友カードや楽天カード、アメリカン・エキスプレス・カードも使うことができますよ。

4. クレジットカードを持っていない人でも使える!

18歳未満ですとクレジットカードが作れないので、中高生はApple Payが使えないのではと残念に思うかもしれません。

大丈夫です、クレジットカードをお持ちでない方でもApple Payは使えます。

プリペイド電子マネーの「ソフトバンクカード」はApple Payに登録できるのです。ソフトバンクカードは12歳以上から作れるので、クレジットカードを作れない年齢の方でもApple Payが利用できます。

5. おすすめのクレカは?

5.1 ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードは高還元率でとてもお得です!

まず、Suicaのチャージに使えばポイント3倍になります。1.5%の還元ですね。

さらに、実質無料で使えるという点もメリットです。
初年度の年会費は無料で、更に年に1度のカード利用があれば、次の年も無料で使えてしまいます。

ビックカメラでのお買い物で、最大11.5%の還元率に!

ビックカメラでの支払いの時に、ビックカメラSuicaカードにチャージしたSuicaで支払えば、最大11.5%という高還元率になります!!

5.2 LINE Payカード

Line PayカードはSuicaのチャージなら還元率2%です!
ビューカードを上回る高還元率です。

※注意点としては、事前チャージ式のプリペイドカードですので、Apple Payには登録できないということです。
Suicaアプリ」にこのカードを登録して、Apple Payに登録したSuicaにチャージするという使い方になります。

普段Suicaをよくチャージする方や、Apple Payでの支払いにSuicaを選んでいる方にはおすすめのカードです。

6. Apple Pay が使えるお店は?

利用可能な店舗はかなり多いです。iD/Quick Pay/Suicaに対応している店舗であれば使えます。

以下の、Apple Pay公式ページにあるApple Payが利用できるお店の一覧に載っていない店舗でも使うことができます。例えば、マクドナルドや電子マネー対応の自動販売機やタクシーなどです。

6.1 「マップ」アプリでApple Payが使えるお店が分かる!

実は「マップ」アプリを使えば、近くのApple Payに対応している店舗が分かってしまいます。

「マップ」アプリを起動して、検索フォームに「Apple Pay」と入力してみてください。
現在地周辺のApple Pay対応店舗が表示されます。

更に、「Apple Pay 渋谷駅」のように後ろに地域や場所の名前を加えれば、その場所の近くの対応店舗も調べることができます。

7. Apple Payの使用方法

Apple Payをお店で使う方法はとても簡単です!

レジで会計をするときにレジ店員にiD/Quick Pay/Suicaのいずれかで支払う旨を伝えます。その後、使いたいカードをタップし、Touch IDに指を乗せたままiPhoneをリーダーにかざします。

例えば、iDが割り当てられたカードを使いたい場合会計時に、「iDでお願いします。」と言うと、店員さんがリーダーを使えるようにしてくれるので、Touch IDに指を乗せて、青く光っているリーダーにiPhoneをかざします。

決済が正常に済むと音が鳴り、iPhoneにも決済金額が表示されます。

7.1 ウェブサイトやアプリでApple Payで支払う

ウェブサイトやアプリでの決済の時に、下の画像のようなApple Payのマークが選択肢にあればそれをタップします。そして、Walletアプリに登録しているクレジットカードの中から使いたいものを選び、指紋認証すれば決済が完了します。

7.2 ウェブ決済ではVISAのクレジットカードは使えない

Walletアプリに登録していても、VISAのクレジットカードはウェブサイトやアプリでの決済に使えないので注意してください。

使えるのはJCB、Master Card、American Expressのブランドのクレジットカードです。

8. iPhone を紛失してしまったら危険?

クレジットカードを登録しているiPhoneを紛失してしまい悪意のある人に拾われた場合、悪用されてしまうのではないか、という心配があると思います。

こちらについてですが、基本的に心配は要りません。
Apple Payでの決済の際には指紋認証が必要となりますので、他の人が使おうとしても使えないのです。

また、「iPhoneを探す」の機能をオンにしておけば、iCloudからApplePayの利用を停止することができます。無くしたiPhoneを「紛失モード」にすることでApple Payの停止となります。
加えて、登録してあるクレジットカードやSuicaの情報を削除することもできます。

改札を通る際にはSuicaの指紋認証は要らないので、使われてしまう可能性がありますが、この機能を使いSuicaを削除してしまえば、防止することができます。

なので、「iPhoneを探す」はオンにしておくことをおすすめします。

「iPhoneを探す」をオンにする方法
  • ① 「設定」アプリを起動
  • ② ユーザー名をタップ
  • ③ 「iCloud」をタップ
  • ④ 下の方にある「iPhoneを探す」をオンにする

まとめ

Apple Payはとても便利です。iPhoneひとつあれば、クレジットカードやSuicaカードが必要ありません。

「マップ」アプリで近くのApple Pay対応店舗も調べられるので、もっと言ってしまえば財布も持ち歩く必要がなくなってしまいました。

Apple Payには、ヨドバシカメラのゴールドポイントカード・プラスやDinersClubカードなどのように使えないカードもあります。

しかし、主要なクレジットカードには対応してますし、今後対応カードが増えてくるでしょう。登録もとても簡単で、Walletアプリでカメラが読み取ってくれるので、長い番号を入力する必要もありません。

おすすめのカードは、次のカードです。

  • ビックカメラSuicaカード

Suicaのチャージで1.5%のポイントが貰えますし、ビックカメラの利用では最大11.5%の高還元率になります。

  • Line Payカード

Suicaのチャージで2%という、とても高い還元率です。Apple PayでSuicaをメインに使うという方にはもってこいのカードです。

事前チャージ式のプリペイドカードで、ApplePayには登録できません。なので、「Suicaアプリ」に登録して、Apple Payに登録したSuicaにチャージする、というやり方になります。

Apple Payは現在どんどん普及してきていて、対応店舗も増え、利用者数も伸びてきています。セキュリティについても対策を施してあります。これにより生活がガラリと変わったという人もとても多いでしょう。

 

⇒Apple Payに登録したSuicaはどうやってチャージするの?オートチャージはできる?

⇒手帳型スマホケースって使いにくい?実際に使ってる人にメリットデメリットを聞いてみた

⇒Wi-Fi接続なのに超遅くてイライラする…その原因と対処法を確認しておこう