毎月の携帯料金はいくら支払ってますか?

私は月々15000円ぐらいです。仕事でテザリングを使うことが多いので、通信量を1GB追加するんですよね。速度制限になってしまうと遅すぎて耐えられないので、すぐ通信量の追加をしています。

通信速度は速いので快適にスマホを使えるのですが、やはり毎月の携帯料金が高くなるのは嫌です。

さらに辛い状況となっているのがこちら。

2016-08-09_134015

1世帯当たりの収入と、1世帯当たりの携帯料金のグラフです。図を見て頂くとわかる通り、収入は減っているのに携帯料金は上がっています

世帯平均の携帯料金が7500円となっていますが、実際のところ7500円って一人当たりの料金ぐらいですよね。夫婦合わせたら携帯代だけで月15000円は超えてくるでしょうし、中学生や高校生のお子さんがいる過程だと、携帯代だけでも4人家族なら合計で月々3万円近い支払いになってるんじゃないでしょうか?

毎月3万円。毎年36万円が携帯料金となって消えていきます。

スマホは欠かせない必需品。携帯料金は絶対に必要

かといって、携帯電話を持たないという選択肢はかなり難しいでしょう。このご時世、仕事でも友達付き合いでも家族でもあらゆる場面でスマホは絶対に欠かせない生活必需品となっています。もはやガス代とか電気代のレベルです。

なので携帯料金の支払いは必ず必要な出費です。でも節約したい。そこで私が実践しているのがこの裏ワザです。

携帯料金をクレジットカードで支払う

携帯料金の支払い方法をクレジットカードにするんです。

たったこれだけ。既にクレジットカード払いをしている方は実践済みなのでこのままページを閉じてください。クレジットカード払いではない方(口座振替やコンビニ払いなど)は、間違いなく損をしているので、このまま最後まで読み進めてください。

2016-08-09_140422

こちらはJCBカードの会社が調査した結果の一部を抜粋したデータです。クレジットカード利用者は具体的にどんなところで使っているのか、というデータです。

携帯電話は2位の29%となっています。クレジットカードを持っている人の29%はちゃんと携帯料金をカード払いに設定しています。逆に言うと残りの71%の人は損をしている計算になります。

じゃあなぜクレジットカード払いの設定をしてない人は損をするのか。ご説明します。

2016-08-09_141248

クレジットカード払いに設定すると、支払った額の1%がポイントとして貯まります。(カードの種類によっては0.5%以下も多数あり)

私の場合だと毎月の携帯料金が15000円前後なので、毎月150ポイント貯まり、1年間で1800ポイント貯まります。クレジットカード払いにしてから3年ぐらい経過しているので、計算すると3年間で5400ポイントを貯めることができました。

家族が多い方の場合だと、携帯料金の合計が月3万円ぐらいになる人もいるでしょう。となると3年間で10800ポイントを貯めることができます。1ポイント1円で交換できるので(1ポイント0.5円以下になるカードも多数あり)10800円分の還元を受けることができます。

クレジットカードを持っている29%の方は、このようにしてポイントをコツコツ貯めている節約上手の賢い人です。

「月7500円の支払いだと月々75ポイントだけじゃん。全然貯まらないじゃん」

と思うかもしれませんが、携帯料金って今後もずーっと支払い続けるものだと思うんです。1年だけ携帯料金を支払う、というわけじゃないですよね。

スマホは生活に欠かせない必需品ですから、電気代や水道代のように必ず必要になる出費です。それをただ何も考えずに払うだけ払ってポイントも特典ももらえないって考えると、もったいないって思うんです。いや絶対にもったいないです。

恐らく今後もスマホ料金を支払い続けることになるでしょう。1年後も3年後も5年後も携帯料金を支払うことになるでしょう。スマホがどんどん進化して便利になっていく世の中ですから、さらに必需品として絶対に欠かせないアイテムになるでしょう。

となれば、毎月の携帯料金をクレジットカード払いに設定してポイントをコツコツ貯めておこうと、節約を考えてる人なら自然とそういう発想になるでしょう。

携帯料金をクレジットカード払いにしてる人は29%しかいません。ポイントをコツコツ貯める節約上手な人が29%しかいないってことです。これが現実です。71%の人は1円もポイントが貯まらず、お金が流れていくだけで損をし続けます

ここまでページを読み進めているということは、あなたも携帯料金をクレジットカード払いに設定していない71%のうちの1人ということだと思います。

でもこれからは違います。携帯料金をクレジットカード払いに設定してポイントをコツコツ貯める生活を始めることができますから。

  • クレジットカードを新規発行する
  • カードが手元に届く
  • 携帯電話の支払い方法をクレジットカード払いに設定する

たったこれだけです。数分で終わる設定を「面倒くさい」と言う理由でスルーしていませんか?ちょっとしたひと手間が節約となって将来の自分にご褒美を与えることができますよ。

 

ごめんなさい!

 

もう少しだけお付き合いください。これからクレジットカード払いに設定を変更する方に向けて、裏ワザの最後のひとつをご紹介します。

ポイント還元率の高いクレジットカードを使わないと意味が無い

もしクレジットカードを持っている場合、「ポイント還元率」を必ず確認してください。カードの種類によっては、月3万円の支払いで3年後に10800円分のポイントを貰えるはずが、半分の5400円分のポイントしかもらえなかった、というケースがあります。

ポイントを多くもらえるカードともらえないカードがあるので、どのカードを使うかによっても大きく影響してきます。

そこで、私がクレジットカードを発行する時に実際に調査したときのデータをご紹介します。全国に200種類以上のクレジットカードが存在しますが、その中でもポイント還元率が非常に高いトップレベルのクレジットカードを厳選してまとめました。

【100円で1ポイント貯まる】ポイントが貯まりやすいおすすめのクレジットカード

1位:楽天カード ポイント還元率1%

楽天市場を頻繁に利用するなら楽天カードで決定!

楽天カード

  • 年会費無料
  • 100円=1ポイント
  • 1ポイント=1円
  • 楽天市場で買い物をすれば最大4%
  • 楽天Edyに100ポイント=100円分と交換できる
  • 貯まったポイントの使い道が非常に多い

楽天カードはクレジットカードの種類の中でもポイント還元率は高いです。そしてポイントのレートも100円1ポイントで、1ポイント1円利用とわかりやすいです。

 

貯まった楽天ポイントは楽天市場で使用するのはもちろん、100ポイント=100円分の楽天Edyに交換すればさらに使い道の幅が広がります。

楽天市場のキャンペーンに参加すると、100円で4ポイントも貯められます。さらに楽天カードを利用している間は、楽天ポイントが消滅する心配が無いのも大きなメリットです。

認知度も人気度もNo.1級の楽天カードで、ポイント還元率も高く、ポイントの使い道の幅の広さなど総合的に判断して1位となりました。

携帯料金の支払いに使うのはもちろん、楽天市場や楽天トラベルなど、楽天関連のサービスを頻繁に利用される方におすすめしたい1枚です。

2位:オリコカード ポイント還元率1%~2%

楽天市場じゃなくAmazonをよく使うならオリコカード

オリコカード

  • 年会費無料
  • 100円=1ポイント
  • 1ポイント=1円
  • どんな支払いでも100円につき1ポイント貯まる
  • 利用開始から6ヶ月間は2%
  • Amazonの買い物なら合計金額の2%貯まる

オリコカードも楽天カードと同じく、ポイント還元率は1%となります。クレジットカードの支払総額の1%なので、オリコカードで支払いできるものであれば何でもポイントを貯めることができます。

特に月々の固定費をクレジットカード払いするとポイントを貯めやすく賢く活用できるのでお勧めです。

オリコカードで貯めたポイントは、楽天ポイントに交換することも可能なので、楽天カードと同じような使い方が可能です。オリコカードで貯めたポイントを楽天ポイントに、さらに楽天Edyに交換すればリアル店舗でお得に使うことができます。

でも楽天ポイントや楽天Edyをメインに利用したいのであれば、楽天カードで支払いするとポイント増額となるキャンペーンも多いので、楽天カードを選びましょう。一応オリコカードのポイントを楽天ポイントにも交換できますと、ということです。

オリコカードの最大の特徴は、Amazonで買い物すると2%ポイントが付くことです。楽天市場を頻繁に利用される方は楽天カードがおすすめですが、逆にAmazonを頻繁に利用される方は、オリコカードが最もお得です。

オリコカードも楽天カードと同じぐらい使いやすくポイントも貯まりやすく、ポイント還元率も高いですが、オリコポイントの有効期限は1年間と比較的短くなっています。審査の簡単さや認知度、人気度などを考慮した結果、2位となりました。

Amazonヘビーユーザーに強く推奨したい1枚です。

[orico]

3位:リクルートカード ポイント還元率1.2%~4.2%

とにかくたくさんポイントを貯めたい方はリクルートカードが一番

リクルートカード

  • 年会費無料
  • 100円=1.2ポイント
  • 1ポイント=1円
  • どんな支払いでも100円につき1.2ポイント貯まる
  • ボンパレの買い物は4.2%貯まる
  • じゃらんの宿泊予約で3.2%貯まる

リクルートカードは、年会費無料のカードなのに対して楽天カードやオリコカードを超える1.2%と驚異的なポイント還元率となっています。2つのカードよりも20%多くポイントを貯めることができます。

単純にポイントを貯めることを考えればリクルートカードが1位になりますが、問題は貯まったポイントの使い道です。

リクルートポイントは、Pontaポイント・JALマイルのみ交換可能で、楽天ポイントやAmazonポイントに交換はできません。ポイントの使い道もリクルートが運営するサービスで使用可能です。

  • じゃらん
  • ボンパレ(楽天市場みたいな)
  • ホットペッパーグルメ
  • ホットペッパービューティ

こういったサービスで利用可能となります。

リクルートポイントをじゃらんで使えるのは大きな魅力です。貯まったポイントで贅沢な旅行に行くことができます。旅行が好きな方やじゃらんを頻繁に利用される方におすすめしたい1枚です。

楽天カードは楽天市場、オリコカードはAmazon、リクルートカードはボンパレという関係性になります。そう考えるとボンパレの知名度や出店数は低いです。ボンパレを頻繁に利用される方にはおすすめの1枚となっています。

[rikuruto]