ども!ロイです。

今回は「スマホのWi-Fi接続が遅い原因と解決策」についてご紹介しますね。

スマホのLTEや4Gとか3Gなどのモバイル回線よりもWi-Fi回線を使った方がめちゃくちゃ速度が速いです。

さらに、モバイル回線を使わないので通信速度制限の対象にもなりません。つまり、制限なしで使い放題なわけです。

スポンサードリンク

スマホのWi-Fi速度が遅い時の原因

1.屋内もしくは障害物だらけの場所で接続している

屋内もしくは地下街などでの接続は非常に電波状況が悪いです。なのでWi-Fiの回線速度はかなり遅くなってしまいます。

Wi-Fi回線は障害物に弱いので障害物が多い場所での使用も難しいです。

2.Wi-Fi回線が混雑している

例えば、自宅の無線LANひとつに対して

  • パソコン3台
  • ゲーム2台
  • スマホ4代
  • その他ネット機器5台

というように複数の機器を同時接続してしまうと速度が遅くなってしまう可能性があります。

スタバやカフェなどの無線LANでも同じことが言えますね。お店が混雑している時や、同時にネットを使ってる人が多い時は、Wi-Fi速度が遅くなることが多いです。

Wi-Fiの混雑状況を確認するためのアプリもあるので、使って確認してもいいですね。

⇒ Wi-Fi混雑チェッカー(Android)

3.スマホのメモリの空き容量が少ない

ネット接続とは関係なく、そもそもスマホ本体がモサモサしているかもしれません。

Wi-Fi回線が速い状態であってもスマホ本体がもっさりしていては速度を体感することはできないでしょう。

スマホも点検しなければいけませんね。

スマホのWi-Fi速度を速くする改善方法

1.障害物が無い場所で接続を試す

屋内にいるのであれば、外に出てみる。障害物が多いのなら、無線LANに近づいてみる。

お店でWi-Fiを利用しているのであればできるだけ外に近い場所の席で使用する。

地下でWi-Fi接続をしたい場合はできるだけ地上に近い場所のお店に入るか、もしくは諦めるしかありません。笑

2.再起動してもう一度接続してみる

スマホの電波の受け取り状況が悪い可能性があるので一度スマホを再起動してから再度接続してみましょう。

この方法で速度が改善されることが多いです

3.メモリの空き容量を増やす

スマホのメモリの空き容量が大きいと自由に動き回れる範囲が広いということ。

スマホのメモリの空き容量が少ないと、身動きが取れないぐらい範囲が狭い状態のこと。

なので、空き容量を増やせば速度が速くなるということはなんとなくわかりますよね。

実際にこの記事で紹介しているアプリを使ってスマホのメモリの空き容量を増やしてみましょう。

⇒ androidスマホでも再現できるあのヌルヌル感を設定するアプリ

Wi-Fiを使って携帯代を節約!

Wi-Fiを上手く使いこなしてるのでロイの月々の携帯代はたったの6500円です。しかも4GよりもLTEよりもネットの通信速度が速くて通信制限もありません。

その裏ワザ知りたくないですか?

⇒ 月々の携帯代を安くする裏ワザ