冬はゆっくりとお風呂に浸かって、体の芯からあたたまりたいですよね。

でも、することがなくて時間を持て余してしまう。お風呂でスマホ・ネットができたらなあーなんて若い人なら誰もが一度は思うことではないでしょうか。

そんなことを思っているあなたに!お風呂での注意点や、もしものときの対処法をお教えします。

1.お風呂の湿気や蒸気だけでiPhone壊れる?そのままの状態でお風呂で使っても大丈夫?

まず、はじめに申しておきます。お風呂でのiPhoneの使用は、出来る限りやめましょう!iPhoneは機械です。湿気や蒸気、ましてや液体(水)に強いわけがありません。

さて、最新のiPhone7、iPhone7 plusには待望の耐水性能が追加されましたね。これでお風呂でも音楽が聴けたり、インターネットができる!と喜んでいる人も多いのではないでしょうか。

しかし、iPhoneは完全な防水ではないので故意に水に浸すなどの行為は、もちろん故障の原因となります。

また、機械は使用しているうちにパフォーマンスが落ちてくるものです。この経年劣化により、耐水性能も低下していきます。蒸気のあがる場所での使用が昨日までは問題なくできたのに、いきなり動かなくなって壊れてしまった!なんてこともあり得るのです。

そして、なによりも注意したいのがAppleの公式サイトに、「液体による損傷は保証の対象になりません」と記載されていることです。お風呂で使って大丈夫なのだと思って使っていて、ついうっかり湯船に落としてしまったりしては後の祭りですよね。

以上のことから、お風呂での使用は基本的におすすめしません。どうしても持ち込みたいという方は、このあと対策と注意点を説明いたします。これらに気をつけて持ち込んでください。

2.iPhoneをジップロックにいれてお風呂に持ち込んでも大丈夫?壊れない?お風呂にiPhoneを持ち込む時の注意点

どうしてもお風呂で音楽が聴きたい!ネットがしたい!などの理由がある方、秘策がありますよ。

なにを使うかというと、ジップロックです。100円ショップでも購入することができる安くて身近なこのジップロックが、ここでも活躍してくれるのです。

ジップロックはチャックによって密封ができるので、お風呂場の湿気や蒸気であれば本体の中への侵入を防いでくれます。また、ビニール素材の部分が操作の妨げにならずにちゃんと指に反応してくれるのです。

ただし、何回も使っているうちに穴が開いたり密封できなくなってくるので使いまわすときは様子を見ながらにしてくださいね。だいたい7回ほどは問題なく使えると思います。

それでは、そろそろお風呂にiPhoneを持ち込む際の注意点を挙げていきましょう。
注意点は以下の3つです。

  • 1.湯船の中には浸けないこと
  • 2.充電口に水が触れないようにすること
  • 3.ジップロック内の結露に注意すること

これらに注意していれば、最悪の事態になってしまうことは少ないでしょう。

1.湯船の中には浸けないこと

いくら防水のものでも、水の中に浸けるには限界があります。ましてやiPhoneは完全防水ではないので、決して湯船の中に落としたりしないように注意しましょう。もしもポロっと落としてしまったときの保険として、ジップロックの中へ入れてしっかりとチャックを閉めておきましょうね。ただし油断はしないように気をつけてください。

2.充電口に水が触れないようにすること

iPhoneの充電口に水がついてしまった場合、絶対にそのまま充電することのないように注意してください。
故障の原因となります。もし濡れてしまったら、最低でも5時間は充電しないでください

3.ジップロック内の結露に注意すること

密封されているとはいえ、本体の熱や温度との兼ね合いによってはジップロック内に水蒸気が発生する場合があります。

お風呂で使っているときにジップロック内に異変を感じたら、中から本体を出して風通しのよいところへ置いておきましょう。無理に使用を続けると故障の原因にもなります。

お風呂の中では以上の3つに注意して、本体の負担にならない範囲で使用しましょう。

3.もしiPhoneをお風呂に落として水没した時にすぐにやるべき対処法

気をつけていても、最悪の事態が起きてしまうときありますよね。

これまでiPhoneをお風呂に持ち込む際の注意点などを書いてきましたが、もしも湯船に落として水没してしまったときは次の対処をしてください。焦ってしまう気持ちはわかりますが、落ち着いて対処してくださいね。

  • 1.まずは電源を切ってください
  • 2.水分を出来る限りふき取ってください。ケースをしている方はケースも外してください
  • 3.SIMカードを抜いてください
  • 4.ジップロックにお米を入れて乾燥させる

もしも水没してしまったら、とにかく乾燥させることが第一です。

このときに慌てて本体を振って水気を切ろうとしてしまうかもしれませんが、これは絶対にしないでください。もう一度言います、絶対に振らないでください。細かな部分まで水が入ってしまうとどうにもならなくなってしまいます。

まずは、電源を長押しして電源を切ってください。電源を切って内部の活動をとめましょう。

つぎに本体についている水分を拭き取ります。このときケースをしている場合は、ケースも外してしっかりと拭いてください。

水分を拭き取れたら、SIMカードを抜いてください。右側面に小さな穴がありますよね。ここをドライバーなど細い棒状の物で強めに押せばSIMカードを取り出すことができますよ。

ここまで来たら、あとはひたすら乾燥させるだけです。ここでもジップロックが活躍します。

ジップロックの中に、お米やあれば乾燥剤を袋の2/3ほど入れます。そこへティッシュでくるんだ本体を投入してチャックを閉めましょう。このときに袋内に空気が残らないようにしながら閉めてください。

この状態で、水没の程度にもよりますが数日間ほどは放置し、完全に乾燥させるようにしましょう。

また、取り出したときに少し熱が残っているようならば、風通しのよいところへ置いて熱がなくなるのをまってください。

以上が水没してしまったときの対処法です。この方法で必ず復活するというわけではないので、運を味方につけましょう。

まとめ

お風呂へiPhoneを持ち込むことはおすすめしませんが、どうしてもというときはジップロックの中に入れて持ち込みましょう。

快適なバスタイムを過ごせるように、蒸気と水没の対策はしっかりとしましょうね。

また、もしも水没させてしまったときはとにかく乾燥させることと無駄に動かさないことに集中しましょう。