ども!ロイです。

2014年9月に発売されたばかりの
iPhone6シリーズ。

この記事では「iPhone6のメリットデメリットまとめ」
ということで、徹底的に調べ上げていこうと思います。

スポンサードリンク

1.iPhone6の評判

 

   

 

   

 

 

僕の知り合いの間でも
iPhone6使ってる人は少ない。

iPhone5sを使い続けているか
Androidに乗り換えたか。

iPhone信者だった僕も
どうせならiPhone6を使いたかった。

けど、iPhone5sを使っていた僕からすれば
どうしてもiPhone6に魅力を感じなかった。

iPhone6は画面を大きくしただけ

これまでのiPhoneシリーズは
数字が変わるごとにハード面も大きく変わって
「s」が付くことでソフト面がバージョンアップした。

それを短期間で繰り返してきたことで
圧倒的な進化を遂げてきた。

でも今回のiPhone6はどうだろうか。
ただ画面がでかくなっただけで
そこまで大きな変化は無いように見える。

iOS8になったけど、劇的な進化も無く、
性能は良くなってるんだろうけど、
体感的にはさほど大きな変化を感じない。

【良いところ】iPhone6のメリット

  • 画面がでかいので見やすい
  • iPhoneを使い続けてる人はデータ管理が楽

この程度。

カメラの性能が良くなったり
よりサクサク動くようになったり
電池の持ちが良くなったりしてるけど、

それはiPhone5sと比較した場合であって
Android機種と比較すると、
全く目立たなくなる。

⇒iPhone6とAndroid最強スマホを比較してみた

【悪いところ】iPhone6のデメリット

  • 画面がでかいから持ちにくい
  • アプリたちがiPhone6に対応していない
  • iPhone5とできることに変わりない

結局iPhone5と5s持ってる人は
iPhone6は買わなくても良いと思う。

大画面に憧れるのならiPhone6にしなくても
もっと性能が良いAndroid機種があるので
そちらをお勧めしたいです。

⇒iPhone6よりも性能が良いXperiaZ2を見てみる

iPhoneブランドのおかげで失速せずに済んだ

iPhoneはこれまでスマホ業界を引っ張ってきたし
僕たちにあたえた印象はすごく良い。

だからiPhone=かっこいいと思うし
iPhone=完璧なスマホと思う。

でもさすがにiPhone6はそう思わなかった。

性能的にはAndroid機種が伸びてきているし
iphone独占!ということが無くなりつつある。

今回のiPhone6は失敗だと思う。
もしくは様子を見るために、試作品として公開したのか。

逆にiPhone6sの期待値が上がるので
2015年9月を楽しみにしたいと思う。

⇒iPhone6sで4.0インチ復活?「iPhone6s mini」噂まとめ