スマートフォンでのコミュニケーションツールとして有名な「LINE」アプリですが、あなたは利用していますか?

LINEのメッセージ機能は、チャット感覚でスピーディーにやりとりできるのも魅力の一つだと思います。

相手の反応を見ながら会話を楽しむことができるのがいいですよね。しかし急にメッセージが送信できないといった事態に陥ったことありませんか?

さっきまでメッセージのやりとりできていたのになぜ?もしかしてブロックされた…?

さっきまでできていたことが急にできなくなると不安になりますよね。

そこで LINEメッセージが送信できない理由、またその対処方法 をご紹介していきます。

LINEメッセージ送信できてない・できない不具合の原因と対処法

電波状況

最もポピュラーなLINEのメッセージ送信失敗理由であるのが「電波が悪い」。

特に地下鉄やデパ地下などの地下空間は電波状況が不安定です。まずは電波受信状況を確認してみましょう。

別に地下にいないけれども電波悪いというときには以下のことを試してみてください。

  • 窓を開ける
  • ストラップを減らす
  • 垂直に立てる
  • 電波を繋ぎ直す
  • スマートフォンを再起動する

使用する回線を繋ぎ直す

Wi-fiでも電波の強いもの、弱いものがあります。

また、 各キャリアの回線(LTE、4G、3G)よりWi-fiの方が比較的繋がりやすい 傾向にあります。

同じWi-fiでも繋ぎ直してみる、別のWi-fiに切り替えてみるといったことも試してみましょう。

公式のバグ

LINEアプリ自体のバグ(プログラム上の欠陥)による送信失敗というケースもあります。新年や震災時など、大勢の人が一斉にLINEを利用するときに障害が発生しやすいようです。

この場合は何をしても送信できないため、LINE公式による復旧活動を待ち、必要に応じて他の手段で連絡を取りましょう。

過去のバグ発生時に、twitter上でLINE公式アカウントから情報発信がされているケースもあります。もしもの時に備えてフォローしておいてもいいかもしれませんね。

LINE公式twitterアカウント  @LINEjp_official

アプリの立ち上げすぎ

アプリをいくつも立ち上げたままにしておくと、スマートフォン端末に負担がかかりLINEで送信失敗してしまう場合もあります。

「端末に負担がかかっている状態=重たい状態」のままにしておかず、使い終わったアプリはこまめに終了させましょう。

iPhoneの場合はホームボタンを2回クリックすると現在起動中のアプリが表示されます。アプリを上方向にスワイプすると終了することができます。

アプリ、iOSのアップデート

最新のバージョンではこれまでのバグが改善されているというケースもあります。原因が不明な場合、念のためにアプリやiOSを最新のものにアップデートしましょう。アプリはApp Store内の「アップデート」内のからできます。

iOSは「設定アプリ」内の「一般」にある「ソフトフェアアップデート」からアップデート可能です。

iOSのアップデートは少し時間がかかるため、しばらくスマートフォンを使えないので注意しましょう。

再起動する

スマートフォンもPCもそうなんですが、基本的に何やってもダメな時はとりあえず再起動させてみましょう。大体のことがこれでなんとかなります。

iPhoneの場合ホームボタンを2回クリックし、アプリを上方向にスワイプすると終了して再度LINEアプリをクリックしましょう。

もしこれでダメならiPhone自体も再起動しましょう。ホームボタンと電源ボタンを同時に数秒押すと再起動できます。

それでもダメなら少し時間を置いてから再び挑戦するのも一つの手です。

LINEメッセージの横に表示される矢印ってどういう意味?

LINEのメッセージ横に表示される矢印には色々種類があるようです。矢印の種類ごとに意味とその対処方法についてまとめました。

斜め方向の矢印

正確に言うのならば、メッセージ横ではなくメッセージ送信時間の横に表示される矢印です。

このように左斜め上へ向かっている矢印です。

LINE公式による情報公開はないようですが、LINEユーザー間では「 メッセージ自動送信中 」に表示されているのではないかと推測されています。

「自動再送」とは電波状況などの問題によりメッセージの送信に失敗しても、一定時間内は自動で送信し直してくれる機能のことです。

この矢印の場合特に対処方法はなく、自動再送が終わるまでただ放置するしかありません。一定時間再送を試みてもダメだった場合には未送信になります。

もしこの矢印の表示を消したい場合には「設定」画面で「トーク・通話」の中にある「自動再送」ボタンをオフにすれば自動再送が行われなくなります。

円状の矢印

メッセージを送信した際、送信時間が表示されず代わりに円状の矢印が表示される場合があります。

このように矢印がぐるっと円を描いているものです。


これは 送信に失敗した場合 に表示されます。

この矢印が表示されているメッセージは送信相手へときちんと届いていません。

矢印をタップし、「再送」を押すと再度メッセージが送信されます。矢印が消え、送信時間が表示されれば送信完了です。

もし何度再送しても送信できない場合には上記の「LINEメッセージ送信できてない・できない不具合の原因と対処法」を参照し、送信環境を整えてみてください。

スムーズなメッセージのやりとりを楽しめるLINEだからこそ、少しでもタイムラグを減らしたいですよね。

こまめなバージョンアップや不要なアプリを終了する癖をつけておくと、いつでもサクサク快適にメッセージのやりとりができるのでオススメです。