LINEで友達とトークをしている時、途中の一部のメッセージにだけ既読が付いていない!ということがあるようです。

相手に届いていないんじゃないか?ただ既読が付かないだけなのか?色々考えてしまい、不安になりますよね。

今回はそのような、LINEのトークの途中のメッセージだけ既読が付かない場合の原因と対処法について紹介して行きたいと思います。

途中のメッセージだけ既読がつかない原因

1.1 LINE側のサーバーなどの不具合が原因

LINEのサーバーが繋がりにくい状況になっていたりして、メッセージを送ったのに正常に送れていない場合があります。今までも、LINEのサーバーに負荷がかかったりして、一時的に繋がりにくい状況になるということは度々ありました。

また、LINE側の問題ではなく、自分自身の電波状況が悪くてメッセージが送れていないという場合も考えられます。

1.2 LINEのアプリ自体の不具合が原因

LINEのアプリそのもののバグで、読んだのに既読が付かないということも稀にあるようです。最新バージョンにアップデートせずに、昔のバージョンでずっと使っていたりしませんか?

1.3 相手が一時的にラインをアンインストールしていたことが原因

自分がメッセージを送ったタイミングで、ちょうど相手がラインを一時的にアンインストールしていたという理由も考えられます。

アンインストールしている間に送ったメッセージは正常に受け取られていない場合があるようです。その後すぐに相手がインストールしなおして、それから届いたメッセージには既読が付いているという状況ですね。

1.4 相手がトーク履歴を消したことが原因

これもたまにあるようです。読む前にトーク履歴を消してしまうと、その時点で未読のメッセージに付いては既読になる前に消えてしまいます。

なので、その後に送られたメッセージには既読が付いても、途中の消してしまったメッセージには既読が付いていないという状況になるようです。

1.5 相手がブロックしていたことが原因

相手からブロックされている時に送ったメッセージは相手に届かない仕様になっているので、既読が付くことはありません。

これが原因で会話の途中だけ既読が付かないということは、相手に会話の途中で一時的にブロックされてしまったということになりますね。もちろん間違ってという場合もありますし、故意である場合もあります。いずれにしても気分がいいものではありませんね。

途中のメッセージだけ既読がつかない時の対処法

2.1 LINEのサーバーなどで不具合がないか確認する

LINEのサーバーに繋がりにくい状況になっているかも知れないと思ったら、実際に確認してみるといいでしょう。もし何らかの障害がある場合、LINEの公式ツイッターアカウントで何か報告されているかもしれません。

LINE公式Twitterアカウント→@LINEjp_official

2.2 自分の電波状況を確認する

そもそも自分の電波状況が悪く、送信できていなかった可能性もあるので、自分の電波状況が悪くないか確認しましょう。

電波の届きにくいところにいませんか?機内モードになっていませんか?

また、正常に送れていないメッセージには下の画像のような矢印のマークが付いていたりします。このような場合にも電波状況を確認したり、LINEのサーバー側に問題がないか調べてみたほうがいいですね。

図1

2.3 最新のバージョンにアップデートしてみる

LINEのアプリを古いバージョンで使用している場合は、アップデートしてみることをおすすめします。そのバージョンでの不具合かもしれませんので、解決する可能性もあります。

また、古いバージョンを使っていると、他にも様々な不具合を起こす可能性があるので、定期的にアップデート情報をチェックして常に最新のバージョンで使うように心がけるようにしましょう。

2.4 相手に聞いてみる

通信やアプリの不具合でもない場合は、素直に相手に聞いてみたほうがいいと思います。
人間ですので、間違ってトーク履歴を消してしまったり、ブロックしてしまったりすることも当然あります。聞かずに一人で悶々とするよりは、思い切って聞いてみてしまったほうが今後の関係のためにもいいのではないでしょうか。

2.5 ブロックされていないか確認してみる

ずっと既読が付かない場合、相手にブロックされている可能性があります。
ブロックされている状態で相手にその旨を聞いても、メッセージ自体が届いていないので意味がありません。
そのような時には自分がブロックされているかどうか確認してみましょう。
確認方法はいくつがありますが、代表的なものをひとつ紹介したいと思います。

スタンプのプレゼントによる確認方法

以下のような手順を行います。

  • ① LINEでスタンプショップを開く。
  • ② 適当に有料スタンプを選ぶ。
  • ③ 「プレゼント」を選択する。
  • ④ 確認したい相手を選び、「選択」を押す。

「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません。」と表示された場合

ブロックされている可能性があります。しかし、本当にそのスタンプを持っている可能性もありますので、上の手順を数種類のスタンプで何回か試します。

何度やっても「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません。」の表示だった場合は本当にブロックされているのかもしれません。

なぜブロックされてしまったのか心当たりを探してみましょう。