気軽に友だち追加できるため、あまり仲良く無い人、友だち追加はしたけれどもほとんどやりとりをしない人ともついつい友だちになってしまうのもLINEならではのものだと思います。

  • この人、友だちリストから外したいな…
  • けど相手にバレないかな…?

と、心配になったこがある人も多いのではないでしょうか。

 実際にLINEの友だちをリストから削除するとどうなるのか をご紹介していきます。

LINEで友だちをリストから削除すると相手にわかる?どう表示される?

そもそも、やりとりをしたくない相手に対して「ブロック」または「削除」をすることで対処ができます。

ブロック、削除、それぞれの違いについて説明していきます。

「ブロック」とその方法

ブロックとは、その名の通り「阻止」や「妨害」といった意味です。LINE上では「やりとりを止める」といったイメージを持ってもらえばいいです。

やりとりを阻止する効果はありますが、ブロックした相手のアカウント自体はLINE内に残っています。

もしブロックした相手でもブロックを解除すればまたやりとりを再開することは可能です。

ブロックの方法について友だち追加している場合、していない場合を簡単にまとめました。

友だち追加しているアカウントの場合
  • 友だちリストでブロックしたい相手をスワイプし、表示されたメニューの「ブロック」ボタンを押す
  • 「友だち」画面左上にある「編集」を押し「友だち編集画面」へ切り替え、ブロックしたい相手を選び、画面下部にある「ブロック」ボタンを押す
  • ブロックしたい相手のトーク画面を開き、右上のメニューから「ブロック」ボタンを押す
友だちに追加していないアカウントの場合
  • プロフィールアイコンを選択し、「ブロック」ボタンを押す
  • トーク画面上部に表示される「ブロック」ボタンを押す

このようにブロックの方法は色々とあります。やりやすい方法で必要に応じてブロックしましょう。

ブロックした相手は設定画面から「友だち」、その中にある「ブロックリスト」から確認可能です。

もし、間違えてブロックしてしまった、ブロックを解除したいといった場合はブロックリストにあるブロック解除したい相手の右にある「編集」を押し、「ブロック解除」を選択すればブロックが外れます。

「削除」とその方法

LINE上で友達リストから削除するということは、完全にアカウントを消去することです。ブロックとは違い、LINE内からも削除した相手のアカウントがなくなります。

友だちリストから削除するには事前に削除したい相手をブロックしておく必要があります。ブロック方法は上記のやり方を参考にしてみてください。

次に編集画面から「友だち」の中にある「ブロックリスト」から削除したい相手についている「編集」ボタンを押し、「削除」を選択します。

これで完全に削除した相手のアカウントの情報は消去されました。

本当に完全に相手の情報を削除したい場合はトーク履歴も削除しておきましょう。

ちなみに、もし友だちリストから削除した相手を再び友だちリストに追加したい場合はトーク履歴から追加することが可能です。

トーク履歴も削除してしまっている場合には友だちリストから削除した相手を復活させることは不可能なので注意が必要です。

実際にどう見えるのか

基本的にブロックしても、削除しても見え方や効果は同じです。では実際にLINEでブロック、削除するとそれぞれからどう見えるのかをまとめました。

削除(ブロック)した側
  • 自分の友達リストから削除(ブロック)相手が消える(ブロックした場合はブロックリストに追加)
  • LINE通話を受信できなくなる
  • 削除(ブロック)前のトーク履歴は残ったまま、削除(ブロック)後は相手からのメッセージは受信しない
  • 削除(ブロック)相手のホームを見ることが出来ない
削除(ブロック)された側
  • 友達リストには削除(ブロック)した側は表示されたままになる
  • メッセージを削除(ブロック)した側に送ることは可能(削除(ブロック)した側はメッセージを受信できないので既読がつかない)
  • 通話ボタンを押しても呼び出し音は鳴るが繋がらない
  • 削除(ブロック)した側のホーム画面は「まだ投稿がありません」と表示

相手からすると友達リストには存在しているのに連絡がつかない状態になります。

しかし、既読が付かないから、LINE電話が繋がらないからといって「削除(ブロック)された」と断定することはできませんので少し安心できますね。

自分のLINEアカウントを削除したら相手にわかる?どう表示される?

アカウント削除とは一時的にアプリを消す「アンインストール」とは違い、アカウント情報を全て削除してしまうことを指しLINEでは「退会」と言われています。

もしアカウントを削除して、やっぱり復活させたい!と思ったとしても、あなたが登録していたアカウント情報は無くなってしまっているので復活させることは不可能です。

それでもLINEアカウントを削除したい!と思った際に相手にはどう見えるのか気になるところです。そこで、LINEアカウントを削除したら相手にはどう表示されるのかを一覧にしてみました。

アカウント削除後も相手の画面から消えずにそのまま残るもの
  • トーク画面(ただし名前が「unknown」に変わる)
  • トーク履歴
アカウント削除後に相手の画面で変化するもの(消えるもの)
  • 名前が「unknown」に変わる
  • トーク画面が「メンバーがいません」に変わる
  • アイコン表示(初期状態になる)
  • 友だちリストから消える

基本的には LINEアカウントを削除しても相手へ通知がいったりすることはありません 

アイコンや名前が初期化されるため、トーク履歴を遡ったりしない限りは元々誰のアカウントだったのかを断定する方法もないため、あまり気にしなくても良いでしょう。

人間関係に少し疲れた時に

  • 「LINE消したいな」
  • 「この人とやり取りしたくないな…」

と思うこともあるでしょう。

しかし、気軽に削除すると取り返しがつかないことも多いので少し注意しましょう。

必要に応じてブロック、友だち削除、LINEアプリのアンインストール、LINEの削除(退会)、上手に使い分けましょう。